高齢 40代 妊活

40代でどんな妊活をしたらいいの?@高齢だけど妊娠したいあなたへ

40代の妊娠はとにかく妊娠しにくくなります。

 

私はそれを身をもって体験しました。

 

40代で妊娠できたのは、実は二人目でのことなのですが、明らかに30代での一人目の妊娠とは違いました。

 

本当になかなか妊娠できないんです!できても流産してしまうんです!

 

私は一人出来たから40代でも出来るだろう、そう考えていたのですが、甘かったです。

 

確実に40代は妊娠すること、妊娠しても継続させることが難しいです。

 

もっと早くからちゃんと妊活して対策しておけばよかった、そうすれば1日でも若く妊娠できたのに・・・そう思っています。

 

だからこそ、これから妊娠しようと思っている40代の方になかなか妊娠できなくて悲しい思いをしないようにと、僭越ですが私がやってきた妊活方法をご紹介したいと思います。

 

早く始めるほど効果がある!やっておくべき3つの妊活方法

妊活というと色々あるのですが、私は主に3つのポイントに絞って妊活されるといいと思います。

 

卵子や精子の老化対策

 

卵子はお腹の中にいるときにその元になる細胞がすでに出来上がっていて、歳をとるごとに減少していきます。精子のように毎日新しく作られるわけではないんですね。

 

ですから今40歳だとしたら、卵子も出来てから40年が経っているということになるんです。

 

卵子が老化すると受精しても分割が止まってしまったり染色体異常が増えて、着床しない・流産するといった悲しいことが多くなります。

 

精子はどんどん新しく作られるのですが、最近では精子も老化するそうです。ですから精子も老化対策をする必要がありますね。

 

老化を完全に止めることはできないのですが、妊活をして老化対策をすれば遅らせることは可能ですよ。

 

抗酸化力のある食事をとる

 

卵子の細胞が老化する原因として細胞内に活性酸素がたまってしまうことがあげられます。

 

活性酸素は加齢によってどうしても増えてしまいますので、活性酸素の発生を抑制する「抗酸化力」のある食べ物を意識してとることが卵子の若返りにもつながっていきます。

 

また、食生活を考えることで体によい食べ物をとろうとするので、体も健康になっていきますので一石二鳥ですよ。

 

 

冷え性を改善する

 

あなたの体、冷えていませんか?

 

私も冷え性があるのですが、冷えがあると血行が悪い状態ですので質のいい卵子ができにくくなるそうなんですね。
また、子宮が冷えていると受精卵の着床を妨げるともいいます。

 

できればストレッチやヨガ、ウォーキングなどの運動、半身浴や足湯などを取り入れて温活をすると妊娠しやすい体質になっていきますよ。

妊活を頑張ったあなたは・・・・・

40代での妊娠を目指している方は、少しでも早く妊娠できるように「赤ちゃん欲しいな」と思ったときから妊活を始めることをおすすめします。

 

 

私は安易に考えていたせいで、かなりの時間と費用を費やしてしまったので・・・・・

 

妊活に励んでいると・・・

 

・体が若返っていきます。
・体温も上がってきてホルモンバランスも整って妊娠しやすい体質に変わっていきます。
・卵子と精子が受精したあと、細胞分裂が順調に進みやすくなります。
・しっかりと子宮内膜に着床しやすくなります。
・妊娠検査薬にしっかりと線が出たり、陽性判定をもらえます。
・かわいい赤ちゃんを抱っこできるようになります。

 

 

当サイトでは私の行ってきた妊活を元に、少しでも早く妊娠できるような妊活方法をご紹介しています。どうぞ参考になさってくださいね。そして早く妊娠できますように・・・