卵子 老化 抗酸化

抗酸化って何をするの?卵子と抗酸化の関係とは

 

抗酸化というのは、体を酸化させてサビないようにすることを言います。

 

人間の体は細胞がエネルギーを作り出すときに一緒に活性酸素を出すんですね。活性酸素という言葉は聞いたことがあると思います。

 

若い時ならば活性酸素を溜めないように酵素が出るので常に細胞が若く老化しないでいられるのですが、年齡を重ねていくと酵素がでなくなり結果として活性酸素が体内に蓄積されるようになります。

 

活性酸素が貯まってくると細胞は活動を弱めていくんですね。その結果、体のあちらこちらに老いを感じるようになるんです。
もちろん卵子だって細胞なので、活性酸素の影響を受けますよ。

 

卵子の細胞に活性酸素が貯まってくると、活動が弱まるので発育が悪くなるだけでなく染色体異常などが増えてきます。ですのでなかなか妊娠しない、不妊治療が成功しない、妊娠しても流産するということが多くなるんですね。

 

 

活性酸素を抑制して抗酸化するために私が飲んでいるジュースとは

 

抗酸化力が高い飲み物として私が取り入れているのがにんじんりんごジュースなんです。

 

りんごもにんじんもミネラルやビタミンが豊富に含まれているので、妊娠だけでなく免疫力アップやガン予防にも効果が期待できると言われていますよね。

 

ですのでにんじんりんごジュースが良いと知ってから、ミキサーで作って飲んでいました。

 

作り方はいたって簡単です。

 

にんじん2本とりんご1個を用意します。

 

1.にんじんとりんごは皮ごと使うのでよく洗います。
2.適当な大きさに切って水を適量入れてあとはミキサーにかけるだけです。

 

ね、簡単でしょ?

 

ところがミキサーで作るにんじんりんごジュースには一つ難点があるんです。

 

それは、にんじんは生のままで作るのでどうしてもただみじん切りにしただけのようになってしまい、とてもジュースとは言えない出来栄えになってしまうことなんです。

 

飲むジュースというより食べるジュースでしょうか。
ボリボリにんじんを噛んで食べている感じですね。

 

では、本当のジュースのように作ろうと思えばジューザーを使えばいいのですが、ジューサーではボリボリ噛まないといけないということにはなりませんが、絞った後のかすが大量に出るのでその処理にこまるんですよね。

 

毎日飲むとなると結局捨てることになってしまい、もったいないですよね。

 

そこで私は自分で作るにんじんりんごジュースと同じ、いや、それ以上に抗酸化力のあるジュースを発見したので今はそちらを飲んでいるんです。そのジュースとは・・・・・

 

美容と健康に良いジュース

 

サジージュースなんです。

 

200種類以上の栄養素が含まれていて抗酸化力のある野菜や果物を使っているので活性酸素の抑制や免疫力アップ、また冷え性の改善もサポートしてくれるんです。

 

ミネラル、ビタミン、アミノ酸、ポリフェノールなどすぐれているサジージュースをもっぱらにんじんりんごジュースの代わりに飲んでいるんですね。

 

色はオレンジジュースをもう少し濃い色にしたようなものですが、原液のままで飲むと少し酸っぱいかも知れません。
私は慣れたので原液で飲んでいますが、飲みにくい人はオレンジジュースなどで割って飲むとおいしく飲めますよ。

 

最初は少し味にくせがあるので抵抗を感じるかも知れませんが、次第にこの味がくせになってきますよ。

 

今ならお試し10日分が送料無料の1000円で試せるので一度サジーを味わってみてはいかがでしょうか。
毎週先着1000名様限りということなので注文はお早めの方がいいかも知れませんね。