高齢 40代 卵子 老化 質

卵子の老化と質の低下が妊娠を妨げる

 

40代の人が妊娠を希望した場合、まず一番に言われることが「時間がない」ということではないでしょうか。

 

この場合の時間というのは、妊娠できる卵子が育つ時間のことを言います。

 

卵子はまだお母さんのお腹の中にいるときに一生分の卵子ができあがります。
その後思春期に生理が始まり、少しずつその数を減らしていき、数がなくなると閉経になります。

 

精子のように新しく毎日作られません。

 

ですから40代の人の卵子は作られてから40年以上も経っているということ、さらに閉経が近づいてきているので数が少なくなっているのです。

 

このような理由から40代で妊娠をしようと思ったら時間があまりないから早く妊娠しないと子供が授からなくなるというのです。

 

また、卵子の老化や質の低下が招く大きな問題として、染色体異常があげられます。

 

妊娠率が低い40代、流産率が高い40代、これらを引き起こしている主な原因が染色体異常によるものとされています。染色体異常の原因は老化です。

 

卵子が老化して質が低下するとこんなにも妊娠を妨げてしまうのです。

 

40代で妊娠を考えるなら、絶対にやっておくべき卵活とは

 

40代の人でも元気な卵子が育てばまだまだ妊娠する可能性はあります。
また、40代では毎月妊娠可能な卵子が育つことは少なくなりますが、1年間で考えると何回かは元気な卵子が育つのです。

 

ですが、圧倒的に卵子が弱く質も悪くなっているのは事実なので、まず何よりもやるべきことは卵子の質を良くする卵活です。

 

卵子の老化を防いで質を良くするためにいろいろ方法がありますが、根本から対策をしていくことが大切です。
その根本とは、「細胞内に存在しているミトコンドリアを強くする」ことです。

 

ミトコンドリアは元気や若さを保つ源です。
卵子のミトコンドリアを活発にしてあげることで強い卵子が育つのをサポートしてくれます。

 

そんな卵子にあるミトコンドリアに直接働きかけるサプリがあるのですが、そのサプリなら簡単に卵活ができるのでオススメですよ。