妊活 運動

運動不足だと不妊になる訳とは@毎日少しでも続けたい運動法

 

日頃から適度な運動をすることは健康な体作りにはとても大切なことですが、分かってはいても、時間がなかったり面倒で運動不足になっているのではないでしょうか?

 

運動不足だとなぜ妊娠しにくくなるのか、その訳は2つあります。

 

血行が悪くなる

あなたの体、冷えていませんか?
冷えを感じているならば、子宮や卵巣などの内蔵ももちろん冷えているということです。

 

子宮や卵巣に冷えた血液が送られると、着床しにくくなったり卵子の成長が妨げられてしまうので、妊娠しにくくなるんですね。
妊娠するには特に下半身の血行を良くすることがポイントです。

 

下半身、特に骨盤内の血行が良くなれば、卵巣や子宮に栄養が十分に行き渡るようになります。
ですから、日々の運動は下半身をよく動かすような方法がオススメです。

 

 

太ってしまう

実は妊娠しやすい体質としてやせすぎでもなく肥満でもない、標準体型が理想にあるんです。
40代に入ると今までと同じ生活習慣をしていても、体重が増えたり贅肉がついたりしていませんか?

 

それは老化で代謝が落ちているからなんですね。
このまま運動をしないでいると、太っていく一方ですよね。

 

妊娠しやすい体型としてBMIが18.5から25.0未満が理想だと言われています。
あなたのBMIの数値は理想の範囲内ですか?

 

冷えを改善して太らないために運動が必要なんですね。
毎日の忙しい生活の中でもほんの5分や10分程度でもいいので、とにかく続けること、継続が大事なんです。
運動といっても本当に自宅でちょっとした隙間時間にできることで十分です。

 

 

妊娠するためにオススメの運動をご紹介

 

では、毎日気軽にできる運動はどういったものが良いのかご紹介しますね。

 

ストレッチ

お風呂あがりが特に行ってほしいストレッチは一つ一つの動作をゆっくり行うことで、伸びた筋肉から血液が流れていきますので体もポカポカしてきます。

 

特に太ももの付け根の鼠径部には太い血管が通っていますので、開脚などで血流を良くしてあげると効果的です。

 

カーヴィーダンス

樫木裕実さんのカーヴィーダンスは有名なので知っている方も多いと思いますが、妊活中や妊娠中の芸能人の人も樫木裕実さんのもとに通っています。

 

骨盤をよく動かすのでダイエット目的だけでなく妊娠を希望している方にもオススメの運動です。

 

スロトレ

実は私が不妊治療がなかなか結果が出なかったときに、担当医師からやったらいいと薦められたのがスロトレなんですね。

 

1つ1つをゆっくりと行うのでスロートレーニングと言われているのですが、中でもスクワットは下半身の血行を良くするためには一番良いと思います。

 

ウォーキング

下半身の運動としてウォーキングが良いことは広く知られていますよね。
ですがただ歩くよりももっと妊娠に近づけるウォーキング法があるんですよ。

 

それはミトコンウォークというもので、1日に30分のミトコンウォークを1ヶ月続けるだけでなんと卵巣年齡が3歳も若くなるそうなんです。

 

ミトコンはミトコンドリアのことですが、人間の細胞にはミトコンドリアが存在しています。
ミトコンドリアが老化して機能が低下すると様々な老化現象が起きてきます。

 

ミトコンウォークはそのミトコンドリアを活性化させる歩き方なんですね。
やり方は簡単です。

 

最初の15分は少し呼吸が乱れる程度の早歩きをして、残りはゆっくりと歩いて心拍数を落ち着かせます。
すると最初の15分で活性化したミトコンドリアがゆっくりと15分歩くことで継続するんです。

 

 

それでも1日に30分もウォーキングの時間がとれないというあなたはには同様の効果が得られると期待ができるミトコンドリアのサプリが良いですよ。